埼玉県入間市の築30年木造住宅のリフォーム工事

入間市のリビングのリフォーム工事始まりました

1階部分をワンルームのリビングに

入間市の住宅街に建つ築30年の木造住宅のリフォーム計画です。リビングと続き間になった和室をワンルームにして、リビングを広く作り直すというご要望です。リビングと和室の間にあった非構造の壁や襖を取り除いて一体の空間にしていきます。住環境(断熱性)も向上させるために開口部もペアガラスの新しいサッシに交換します。(サッシの高さも1800mmから2000mmにUP)和室部分は床を解体して、断熱材を入れ、真壁(柱が露出した和室の壁)で隙間風を感じていた壁も改修していきます。

リフォームをするのであれば耐震性もUPさせたい

筋交い計算をして、現状の建物の耐震性も確認しました。法的には、ギリギリにクリアする数値でしたが、今回、折角リフォームをされるので、耐震の補強もご提案しました。リビングと和室の間の梁は、長いスパンで、過重を集中的に受けていましたので、新しく柱と筋交いを入れました。実際に直上階の廊下の床が下がっていましたが、柱を挿入する際のジャッキアップで、7mmあげることが出来ました。

お客さんのご要望で構造壁は、壁にせず抜いてほしいということでしたので、筋交いも90mm角の太材(ヒノキ)を使って、見栄えも整えました。柱は5寸(150mm)のヒノキ無垢材を使用しています。

これから、一つづつサッシを交換していきます。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top