埼玉県東松山市 木造新築老人福祉施設デザイン

東松山市の新築木造デイサービスの消防検査&開発完了検査が終了

東松山市の木造新築デイサービスの現場です。室内はクリーニングも終了して関係機関の完了検査を待つ状態です。

耐震性のある建物でも、やっぱり心配になる

昨晩は大きな地震がありました。耐震性は充分余裕を持って設計していますので、全く問題ないことは理解しているのですが、それでもやはり心配になります。新築の建物や地面に小さなクラックや隙間が出来ていないか、隅々を見て回ります。全体をチェックして回りましたが全く問題ないようで安心しました。

今日は朝から検査の一日。午前中は消防の検査。避難通路や誘導灯、火災報知器、進入のための開口部などを申請の図面どおりに出来ているか立ち会いで確認していきます。午後は市役所の開発行為の完了検査。こちらは主に敷地の大きさや造成、雨水処理などの外部の検査です。

いろいろ緊張の一日が終了

検査で問題がないように図面通り作っているのですが、なぜかいつもちょっと緊張します。検査官について確認していきます。今日は大きな問題なく検査を終えることができてホッとしました。後は来週の建築の完了検査と省エネの適合検査を残すのみになりました。

完成したこの建物の様子はこちら↓
WORKS:Care(介護)とCulture(文化)が繋がる空間〜東松山の木造新築デイサービス施設〜(前篇・外部空間)

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top




関連記事

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーション

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーションの画像

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーション

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。ロードサイドによくある店舗や倉庫、オフィスなどが建ち並んでいます。道の向こうは東京都。真っ赤な背景に白文字の飲食店、南京亭が目立っています。こっちは白黒で会社のロゴをデザインしたシンプルな看板です。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーション中。

【深谷市の築50年 木造平家の一軒家をリノベーション】解体作業

【深谷市の築50年 木造平家の一軒家をリノベーション】解体作業の画像

【深谷市の築50年 木造平家の一軒家をリノベーション】解体作業

残りの半分のスペースは住居スペースに改造していきます。まずは解体工事から。不要な壁や天井を解体していきます。壁のパネルを取り外すと中から土壁が現れました。この建物の新築当時のモノだと思われます。土壁の下地に使う細い竹の竹小舞も見ることができます。

ロードサイドのコンビニの建物(鉄骨平家)を有機的なオフィスに改造(リノベーション)

ロードサイドのコンビニの建物(鉄骨平家)を有機的なオフィスに改造(リノベーション)の画像

ロードサイドのコンビニの建物(鉄骨平家)を有機的なオフィスに改造(リノベーション)

国道16号線の道沿いの敷地、元々、テナントとしてコンビニやすき家などが入居していた駐車スペースの広い敷地の中に建つ鉄骨平家建の建物です。地元の運送会社さんのオフィスとして改造(リノベーション)していきます。建物の骨格は現場を維持しつつ、再利用しながら、建物の外部には植栽のスペースを設けたり、室内は、ドライバーの方々を含めた社員の方々が環境の整った空間で仕事ができるように、スペースや設備を充実させる計画です。