【加治丘陵 麓の家(入間市)】竣工後約1年経過

【加治丘陵 麓の家(入間市)】竣工後約1年経過

入間の加治丘陵の麓に建つ家です。完成から約1年経過していますが近くで打ち合わせがあったので、様子を見にちょっとだけお邪魔しました。完成時は殺風景だった庭も、木々や草花が植わりました。約60cm程度掘り下げて土を入れ替えた部分も、畑が無事に完成したようです。

ご主人は元々、教員なので、中木の「ハウチワカエデ」と「ナナカマド」は、植木屋さんになった教え子の方が、さいたま市のほうから植えにきてくれたそうです。「ハウチワカエデ」は。季節外れの紅葉や枯れ枝があって、ちょっと元気がなさそうな感じなので、今年は一度、葉が落ちてしまうかもしれません。長雨の地盤の湿気や日照不足の影響かもしれません。

野菜や草花は、とても元気そうに育っていました。

家の不具合は特別、無いようで、バルコニーや大黒柱のメンテナンスの質問にお答えして帰りました。床や家具のオーク材が、少し日焼けして、味わいのある経年変化ができつつあります。

独楽蔵 ホームページ TOP
WORKS:この家の竣工当時の様子はこちら
その後の暮らし:加治丘陵 麓の家(入間市)引っ越し直後

ブログ TOP

関連記事

「シティホール飯能」さんの2周年記念祭にお邪魔しました。

「シティホール飯能」さんの2周年記念祭にお邪魔しました。の画像

「シティホール飯能」さんの2周年記念祭にお邪魔しました。

「シティホール飯能」さんの2周年記念祭にお邪魔しました。建物は家族葬を中心に考えたセレモニーホールです。当日は、お客さんの対応でお忙しい中、スタッフの皆さんに建物の使い勝手を尋ねてみたり、今までに使用されたお客さんの反応などをお伺いしました。

【13年前にデザイン&製作したポストの現在】埼玉の設計事務所家づくり

【13年前にデザイン&製作したポストの現在】埼玉の設計事務所家づくりの画像

13年前にデザイン&製作したポストの現在

先日、お邪魔した埼玉県吉川市の住宅には、新築の際に完成に合わせて、ポストをデザインしました。広い敷地のアプローチの途中に、一本脚で建つ独立ポストです。前から挿入して、後ろから出すタイプです。この家は2世帯住宅なので、ネームプレートは2つあります。ちいさなデコレーションスペースや置き台も設けてあります。

住宅工事現場の大工さんと「旧:染織指導所(現:入間市文化創造アトリエ AMOGO!)の棟梁の関係は?

住宅工事現場の大工さんと「旧:染織指導所(現:入間市文化創造アトリエ AMOGO!)の棟梁の関係は?の画像

住宅工事現場の大工さんと「旧:染織指導所(現:入間市文化創造アトリエ AMOGO!)の棟梁の関係は?

先日、仕事始めで、飯能で建設中の新築住宅現場に行った時のこと。いつも仕事を一緒にしている顔なじみの大工さんが大工工事を担当している現場なのですが、その大工さんとお話をしていると「こんなお便りをもらったよ」と言って、入間市の文化創造アトリエAMIGO!の名前が入った封筒から、一枚の青いペーパーを見せてくれました。AMIGOからの定期的なお便りのようです。