埼玉県入間市の建築設計事務所のアトリエ環境

設計事務所の雑木林の庭 ケヤキの枝下ろし作業

週末はアトリエのケヤキの枝下ろしをしました。枝が伸びて、屋上の芝生が日陰になっていましたし、これ以上枝が伸びてしまうと重機が必要になりそうだからです。

ケヤキは、ちょうど葉も全部落ちましたし、休日でカフェもテナントも休みなので、駐車場に誰も入ってくる人もいないので、枝下ろしにはもってこいの日です。

職人さんがスルスルと枝に登って、チェンソーとノコギリだけで、ロープを他の枝に掛けながら、手際よく枝を落としていきます。今回は、あまり太い枝はないし、枝の本数も少なそうなので、簡単に考えていましたが、地面に落としてみると大きいし、やはり量もたくさんあります。

地面では、枝を大中小に切り分けて、その場で、大中は薪ストーブの薪に、小はガーデンシュレッダーでチップにしてしまいます。

枝下ろしして、切り分けた細い枝(粗朶)はガーデンシュレッダーでチップにしてしまいます。かさばらずに、体積が少なくなってゴミ袋にそのまま入るので楽ちんです。そのまま乾燥させると、薪ストーブのいい着火材になるかもしれません。ちょっと実験してみようと思います。

最後に薪をキレイに積んで終了です!

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top