【リビングの中の「アールコーブ」を使ったテレビ置き場】設計事務所の家づくり(入間市)

リビングの中の「アールコーブ」を使ったテレビ置き場

コンセント・LAN・TVアンテナ配線がスッキリ!!

リビングの東面に作った幅1650mm、奥行き450mmの「アールコーブ」。「アルコーブ」とは、部屋や廊下など、壁面の一部を後退させてつくったくぼみ状の部分のこと。リビングのダイニングテーブルや窓の位置を考えながら、テレビの置き場として計画しました。家具のテレビ(AV)ボードも収まる寸法ですが、部屋全体をスッキリとシンプルに収めるために、壁は他の部分と同じ漆喰仕上げで、テレビボードはタモ材で造り付けにしました。

このスペースで、一番スッキリしないのがコンセントやAVの配線類なので、コンセントや配線コードのスペースとして、あらかじめ、小さな扉付きのスペースを設けました。これで、ホコリまみれになることもないですし、配線も見えなくなるので、キレイな収まりになるのではないかと思います。

WORKS:この建物の紹介ページはこちら

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ TOP
ブログ TOP

関連記事

【日高市高麗川の築100年古民家リノベーション】玄関土間部分の工事

【日高市高麗川の築100年古民家リノベーション】玄関土間部分の工事の画像

【日高市高麗川の築100年古民家リノベーション】玄関土間部分の工事

日高市高麗川の築100年の古民家リノベーションの現場です。18畳ほどある広い土間空間は、そのままの間取りや古材の素材感を生かしつつ、きれいに化粧直しをしていく予定です。

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーション

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーションの画像

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーション

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。ロードサイドによくある店舗や倉庫、オフィスなどが建ち並んでいます。道の向こうは東京都。真っ赤な背景に白文字の飲食店、南京亭が目立っています。こっちは白黒で会社のロゴをデザインしたシンプルな看板です。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーション中。

【深谷市の築50年 木造平家の一軒家をリノベーション】解体作業

【深谷市の築50年 木造平家の一軒家をリノベーション】解体作業の画像

【深谷市の築50年 木造平家の一軒家をリノベーション】解体作業

残りの半分のスペースは住居スペースに改造していきます。まずは解体工事から。不要な壁や天井を解体していきます。壁のパネルを取り外すと中から土壁が現れました。この建物の新築当時のモノだと思われます。土壁の下地に使う細い竹の竹小舞も見ることができます。