埼玉県飯能市のアンティークショップイベント

REFACTORY antiques 10周年記念イベント

REFACTORY antiquesは今年でオープンから10年目だそうです。私も、店主の渡辺さんやお店には、ずいぶんお世話になりました。さまざまな人やモノとの出会いを感謝して、3/26(土)は関わりのあるメンバーで記念の営業のお手伝いをすることになりました。

前日だった今日はみ関わりのあるメンバーで集まって、店内に桜を咲かせました。(わたしは見てただけだったけど・・・)あっという間に、店内に大きな桜の木が出現してびっくりでした。明日は軽食も用意してあるそうなので、桜を見ながら、みなさんと今までの思い出を共有できたらいいなぁと思っています。(通常の営業もやっています)

food協力▪️

・MOKUSHAなおさん
(おいなりさん・竹輪の天ぷら)竹輪の天ぷらは店主の大好物

・喫茶月輪 @kissa_gachirin
(スパイスの効いたとびきり美味しいチキンカレー)

・little crop @little_crop
(デザート・お持ち帰りも出来ます)

・ シンさん@blumen_hutte
(coffee・drink)

主催▪️ @life.creators

日程▪️3/26(土)11:00〜18:00お店も(通常通り営業しております)

場所▪️REFACTORY antiques @refactory_antiques
埼玉県飯能市飯能302-2 🅿︎有

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top




関連記事

【思い出の家と新しい家】住空間による記憶の連なり

【思い出の家と新しい家】住空間による記憶の連なりの画像

【思い出の家と新しい家】住空間による記憶の連なり

完成した新居を引き渡す日は、お客さまはもちろん、私にとっても感慨深い瞬間です。なかでも小さなお子さんが、家中を走り回ったり、無垢材の床に寝転がったりと、五感をフルに使って家を楽しんでいる様は、見ているこちらまで心が躍ります。

【第6回 暮らしの相談デスク】テーマは『ものを飾りたくなる壁の仕上げ』

【第6回 暮らしの相談デスク】テーマは『ものを飾りたくなる壁の仕上げ』の画像

【第6回 暮らしの相談デスク】テーマは『ものを飾りたくなる壁の仕上げ』

次回の「暮らし相談デスク」は、9/3(土)。今回のテーマは「ものを飾りたくなる壁の仕上げ」についてです。インテリアを考える上で、壁の素材や色は、空間の印象を決める大切なアイテムのひとつです。一般的な住宅の壁は、クロス(壁紙)で仕上げる場合が多いのですが、その他にも、板や合板(ごうはん)、漆喰(しっくい)やタイルにペンキ仕上げなど、さまざまな選択肢があります。今ある壁を少し見直してあげると、より心地よく、自分らしい暮らしの風景が見えてくるかもしれません。

自宅にバスケットルーム(スポーツルーム)のススメ

自宅にバスケットルーム(スポーツルーム)のススメの画像

自宅にバスケットルーム(スポーツルーム)のススメ

この住宅にはリビングに隣接したスポーツルームをつくりました。この家のクライアントが地元のバスケットクラブチームでずっとバスケットをされていたので、バスケットリングを取り付けてバスケットボールができる部屋をつくりました。天井も高いですし、ミニ体育館のような雰囲気かもしれません。