直射日光を室内に入れないために

夏を涼しく!「すだれ(竹のロールスクリーン)」で直射日光を室内に入れない

今日は真夏に戻ったような暑い日になりました。朝、事務所に着くと室内は外より涼しいですが、今日は不快な湿度を感じます。

夏になるべく家で涼しく過ごすために、比較的簡単にできることは、直射日光を室内に入れないようにすることです。日差しを防ぐには、電動オーニングやすだれ、ゴーヤや朝顔などの緑のカーテンや落葉樹など、いろいろな方法が考えられます。海外ではアルミやステンレスでできた外部用の可動式ブラインドなどの製品もありますが、日本には、すだれが一般的からなのか、あまり見かけません。(高額になってしまうという理由もあると思いますが・・・)

室内に取り付けるカーテンやブラインドもいいですが、できれば家の外側にあったほうが、熱も逃げますしより効果的です。窓を開けても通風を確保できますし・・・。車のサンシェードも効果的ですが、あれが外側に付いていたら、車内がもっと快適になるのになぁ〜と、夏の朝はいつも思ってしまいます。(その分、他に余計な心配が増えてしまいますが・・・)

事務所は中庭から、朝日が差してきますので、夏の間は軒先に「竹のロールスクリーン」を下げています。ロールアップして長さを調整できるのが便利なところ。夏以外は巻き上げて、通年で軒先に付けっぱなしにしています。たぶん、室内用のモノだと思いますが、案外丈夫で長持ちです。下げていても軒が深いので圧迫感はないですし、なにより見ていて涼しげな夏の風景を作ってくれます。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)では、新築の木造住宅はもちろん、古民家や中古住宅のリフォーム、リノベーション、現況調査や耐震補強などのご相談もお受けしています。今、お住まいの住宅で、気になっている部分、ご不明な点や疑問点などあれば、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら) 担当:長崎まで
04-2964-1296 komagura@komagura.jp

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top




関連記事

今年の落ち葉を片づけるために、昨年作った「落ち葉堆肥(落ち葉)」を搬出。

今年の落ち葉を片づけるために、昨年作った「落ち葉堆肥(落ち葉)」を搬出。の画像

今年の落ち葉を片づけるために、昨年作った「落ち葉堆肥(落ち葉)」を搬出。

埼玉県入間市にアトリエを構える建築設計事務所 独楽蔵 KOMAGURAのページです。アトリエの庭の雑木から毎年、大量の落ち葉が落ちます。落ち葉は、捨てるのも忍びがないですし、袋詰めするのにも手間がかかるので、毎年、一ヶ所に集めて、落ち葉堆肥を作っています。今年も落ち葉の季節がやってきて、落ち葉を集める場所が必要になったので、去年の「落ち葉堆肥」を搬出します。

【屋上(人工地盤)の芝庭にあるヒノキの露天風呂】建築設計事務所のアトリエ

【屋上(人工地盤)の芝庭にあるヒノキの露天風呂】建築設計事務所のアトリエの画像

屋上(人工地盤)の芝庭にあるヒノキの露天風呂

アトリエの屋上の芝庭は、庭の雑木に囲まれていたり、周囲は市役所やオフィスの建物なので、あまり人目につかない、周りから見えない空間です。

アトリエの木々の蒸散作用(埼玉県入間市の設計事務所の環境)

アトリエの木々の蒸散作用(埼玉県入間市の設計事務所の環境)の画像

アトリエの木々の蒸散作用(埼玉県入間市の設計事務所の環境)

連休の中日の土曜日。アトリエの前の通りは、車も少なく、とても静かです。ちょっとした打ち合わせがあったので、事務所にやってきました。外は長袖のシャツ一枚でちょうどいい陽気ですが、事務所の室内に入ると、ひんやりしてもう一枚上着を羽織りたくなります。