【蔵のリノベーション】モノの保管空間から居住スペースに(坂戸市)

【蔵のリノベーション】モノの保管空間から居住スペースに

蔵のカタチを崩したら、リノベーションする意味がない!

広い屋敷の中、母屋の脇にあった蔵は、先代、先々代の荷物がずっと保管されていた場所。ずっとこの場所で暮らしているご主人にとっては、暗くて何が仕舞われているのかわからないし、ずっと昔の子ども時代にお仕置きで閉じ込められたりした記憶も残るちょっと怖い空間だそうです・・・。

今回、敷地の整備の一環として、この蔵の空間を、『モノの保管空間』から、人が住むことの出来る最小限の『居住空間』にリノベーションすることになりました。

なるべく今ある蔵の外観を損ねないように、土壁に開口部や穴を開けないようにするために、2階建ての蔵の内部は居室空間のみにしました。水廻りとして必要なダイニングキッチンやシャワーブース、洗面、トイレなどは、蔵の前面の下屋根部分を少し増築することに。

外観も今のカタチを生かすために、増築部分の屋根は、下屋根のさらに下に収めるのが、なかなか難しいところ・・・。屋根部分は、なるべく薄く仕上げるために鉄骨をパネル上に組み上げています。内部の天井高もギリギリの寸法だったので、既存の瓦屋根を1列だけカットして、数センチだけは天井高に余裕を持たせています。

蔵の内部は、ホコリや汚れの除去作業中。梁の上に積もっていたホコリがなくなって、全体がシャープになったように感じます。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ TOP
ブログ TOP

関連記事

【日高市高麗川の築100年古民家リノベーション】玄関土間部分の工事

【日高市高麗川の築100年古民家リノベーション】玄関土間部分の工事の画像

【日高市高麗川の築100年古民家リノベーション】玄関土間部分の工事

日高市高麗川の築100年の古民家リノベーションの現場です。18畳ほどある広い土間空間は、そのままの間取りや古材の素材感を生かしつつ、きれいに化粧直しをしていく予定です。

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーション

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーションの画像

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーション

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。ロードサイドによくある店舗や倉庫、オフィスなどが建ち並んでいます。道の向こうは東京都。真っ赤な背景に白文字の飲食店、南京亭が目立っています。こっちは白黒で会社のロゴをデザインしたシンプルな看板です。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーション中。

【深谷市の築50年 木造平家の一軒家をリノベーション】解体作業

【深谷市の築50年 木造平家の一軒家をリノベーション】解体作業の画像

【深谷市の築50年 木造平家の一軒家をリノベーション】解体作業

残りの半分のスペースは住居スペースに改造していきます。まずは解体工事から。不要な壁や天井を解体していきます。壁のパネルを取り外すと中から土壁が現れました。この建物の新築当時のモノだと思われます。土壁の下地に使う細い竹の竹小舞も見ることができます。