金沢市の有名建築見どころ、オススメ

【谷口吉生さん設計の鈴木大拙館】帰省の帰路、寄り道(金沢)①

ゴールデンウィークの朝、開館時間の前に21世紀美術館行くとすでに長蛇の列ができていました。暑い中、並ぶのが嫌だったので歩いて、仏教哲学者 鈴木大拙館に向かいました。こちらも開館前でしたが、さすがに空いていました。建物は谷口吉生さんの設計です。建築写真でよくみることの多い、この施設は水盤に浮かんだスクエアな建物のイメージですが、アプローチとエントランスはボリュームを抑えたシンプルなデザインです。

鈴木大拙館のアプローチ

谷口さんの他の建築と同様に、逃げの効かない恐ろしく、厳しいディテールの集積で出来上がった上のシンプルさです。

エントランスから入った内部回廊は窓を限られて、明かりが限定された薄暗い空間です。足元の間接照明が奥へと誘います。

水鏡に面した外部回廊

内部回廊から室内の展示空間や学習空間を見た後、内部回廊とコンクリートの壁を隔てた明るい外部回廊に。外部回廊は水盤に面していて、そこで初めて、水鏡に浮かぶ「思索空間棟」を見ることができます。

水盤越しの石垣と緑の森

施設の周囲は建物と一体となった高い石垣の壁で覆われて、この建物の一部(展示空間)もこの壁によって存在を隠されています。壁のさらに上部から、周辺の木々が色濃く感じられ、金沢の街の歴史や文化を感じることができます。

建物はもちろんですが、近隣の施設と共有している庭がとってもりっぱできれいでした。さすが金沢、すごいなぁ〜。読みかけのままで、本棚にある鈴木大拙さんの本、頑張って読んでみようかと・・・。

関連ブログ:【谷口吉生さん設計の鈴木大拙館】設計者目線のディテール
関連ブログ:【谷口吉生さん設計の金沢市立玉川図書館】帰省の帰路、寄り道(金沢)②
関連ブログ:【金沢21世紀美術館に行ってきました】建築家の休日

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top






関連記事

【青梅市釜の淵公園内『旧宮崎家住宅』を見学】埼玉県の設計事務所 青梅市の家づくり

【青梅市釜の淵公園内『旧宮崎家住宅』を見学】埼玉県の設計事務所 青梅市の家づくりの画像

【青梅市釜の淵公園内『旧宮崎家住宅』を見学】埼玉県の設計事務所 青梅市の家づくり

『旧宮崎家住宅(重要文化財)』は、元々、埼玉県飯能市にほど近い、北小曾木村(現:青梅市成木8丁目)の山村にあった民家です。推定築200年。「広間型」と呼ばれる古い型式の間取りを持っている事や、この地方独特の杉皮と茅を交互に混ぜる屋根の葺き方が特徴的な古民家です。東京から埼玉にかけての当時の民家の形態や暮らしの様子がよくわかります。

建築家目線で見る西武鉄道 新型特急車両 『Laview(ラビュー)』

建築家目線で見る西武鉄道 新型特急車両 『Laview(ラビュー)』の画像

建築家目線で見る西武鉄道 新型特急車両 『Laview(ラビュー)』

西武鉄道 新型特急車両 『Laview(ラビュー)』は、建築家の妹島和世さんがデザイン監修をしたことで、話題になりました。車両もよく見てみると、建築家らしい収まりが随所に見られます。細かなディテール部分の収まりなどを、設計者目線でみてみます。

横須賀美術館で、「せなけいこ展」

横須賀美術館で、「せなけいこ展」の画像

横須賀美術館で、「せなけいこ展」

世代を超えて、共通の話ができる絵本の原画展なので、我が家と同様に、家族3世代で鑑賞していたお客さんも多かった気がします。おばけ関連のグッズも充実で、いろいろ欲しくなります。