【以前の家にあった古くて大きな板戸を再利用】設計事務所の家づくり(入間市)

【以前の家にあった古くて大きな板戸を再利用】設計事務所の家づくり(入間市)

以前の家の玄関ホールと12畳の和室を隔てていた4枚引き違いの板戸。一枚の大きさが1150mm×1760mmの大きな一枚板の引き戸です。こんなに大きな一枚板なのに板の部分の厚みは8mm程度。とても薄くて軽い建具です。こんなに薄いのに狂いや歪み、大きな割れもありません。最近ではあまり見かけない大きな一枚板なので、新しい家でも再利用することに・・・。

4枚すべてを使いたかったのですが、あまりにも大きいので状態のいいモノを2枚、両引き分け戸としてリビングと和室の境に使うことにしました。建具の幅は、充分広いのですが、高さは昔の寸法なので、1760mmでちょっと低いんです。現代の住居に利用するためには最低でも高さが1800mm欲しいので、上下の框を付け足して、高さを調整。

最後に塗装で色合わせを行いました。取付をしてみると、やはりこの建具の存在感がとても強いので、バランス的に2枚でよかったのではないかと感じました。

この建具の関連ブログ:【入間市の家づくり】古い幅広の板戸をリペアして再利用 2020/09/05 はこちら

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ TOP
ブログ TOP

関連記事

「暮らし相談デスク&暮らしのブーケ」2/26(土) 11:00~18:00(飯能市:refactory_antiques)

「暮らし相談デスク&暮らしのブーケ」2/26(土) 11:00~18:00(飯能市:refactory_antiques)の画像

「暮らし相談デスク&暮らしのブーケ」2/26(土) 11:00~18:00

前回の1月の「暮らし相談デスク」は、店内に@lamontagneflowerさんの提案する「暮らしブーケ」が飾られていて、とてもいい雰囲気でした。華やかすぎないブーケは、季節を先取りするアイテムとして、男性の部屋にも、とても似合うと思います。数量限定のブーケは、前回、午前中で全て売れてしまったので、ご購入ご希望の方は早めに来店されたほうがいいかもしれません。

日高市の築80年の古民家を残しながら使い続けるための既存建築の調査

日高市の築80年の古民家を残しながら使い続けるための既存建築の調査の画像

日高市の築100年の古民家を残しながら使い続けるための既存建築の調査

日高市の大きな幹線道路沿い、元々古い集落の中に建っている築100年の古民家です。現在も住宅として使われ続けているいますが、家族の歴史や思い出のある建物をこれからも残していくために、現状の建物の状態の調査と現況図面を作成するための実測を行いました。

【AIR(アート・イン・レジデンス)と老人福祉】東松山市の木造新築デイサービス施設デザイン

【AIR(アート・イン・レジデンス)と老人福祉】東松山市の木造新築デイサービス施設デザインの画像

【AIR(アート・イン・レジデンス)と老人福祉】東松山市の木造新築デイサービス施設

昨年の年末、東松山市の医療法人社団保順会さんが独楽蔵のアトリエに来られました。以前から法人で運営されていたデイサービス施設を移転して新築するための相談で、その打ち合わせの会話の中で出たコトバが「AIR」でした。