google-site-verification=RB_w4ef3SXJJEi-9-k0M8x7-c_pO4fsLtCJ6THkgXI8

外壁の杉板(南京下見張り) 10年目の経年変化 ②

外壁の杉板(南京下見張り) 10年目の経年変化 ②

南面 軒900mmあり。

直射日光の温度差や紫外線、強風の際の風雨などからなのか、木目の夏目の部分(白くて柔らかい部分)が、塗装と一体になって硬化したモノが落下して、浮造り(うづくり)仕上げのようになりました。

浮造り(うづくり)仕上げとは、木材の表面をブラシなどの道具で擦って、柔らかい部分をそぎ落として、表面に凹凸を加えた表面加工法です。

これはこれで、キレイな気もしますが・・・、木材保護塗料でしあげようと思います。今回は塗料が足りなくなったので、またの機会で・・・。