google-site-verification=RB_w4ef3SXJJEi-9-k0M8x7-c_pO4fsLtCJ6THkgXI8

中古枕木デッキを、より長持ちさせるためには

中古枕木デッキを、より長持ちさせるためには

この中古枕木は、ユーカリ材。広大なオーストラリア大陸を走る鉄道の一部だったと思うとちょっと不思議な気持ちになります。

ユーカリ材は防虫効果があり、耐久性も高いのですが、より長持ちさせるためには、濡れても、すぐに乾く状態を保つことが大事です。

直接、地面(湿度のある土)に接しないように、ゲタを履かせて、隙間を作ることが1番です。それから、隣り合う枕木の隙間には、砂埃や落ち葉、ゴミなどが詰まって、濡れた状態が長く続く環境になりがちなので、定期的に掃除してあげるといいかもしれません。アリやムカデなどの巣になってしまう可能性もありますし・・・。

掃除には、ある程度硬さのある剪定用のノコギリが使いやすいかも。うちでは、枕木の隙間から、よくカナヘビが顔を出してくれて、とっても有難いことに、虫をたくさん食べてくれます。

隙間がきれいになると、エッジが効いて、枕木もキレイに見えます・・・。