埼玉県飯能市の新築木造住宅/リフォームは建築設計事務所/独楽蔵へ

2023年2月の「暮らし相談デスク」が終了しました

前日に雪が降って天気が少し心配でしたが、2月の暮らし相談デスクは、たくさんのお客さんにご来店いただきありがとうございました。日差しの暖かさや、1月の相談デスクの時とは違う花々の鮮やかな彩りが春の訪れを予感させます。

当日は20年以上前に住宅を設計したお客さんと再開できたり、暮らし相談ではないお客さんやわんこたちとおしゃべりもできて、とても楽しい時間でした。暮らし相談では、「住宅の建て替えかリノベーションのどちらがいいのか?」、「農地に建物を建てるためには?」、「住宅のアプローチ、駐車スペースの改善方法」などのご相談がありました。

@lamontangeflower の草花と球根男子、川越の @panpeople さん

また、現在、独楽蔵で住宅のリノベーションを計画中のお客さまにも立ち寄っていただいて、工事で使うアンティークドアやビンテージランプの選定など、現物を見ながら実務的な打ち合わせも行うことができて、とても、内容の濃い1日になりました。

来月の暮らし相談デスクは、3/18(土)です。皆さまとの楽しい出会いを楽しみにしています。

季節を先取りした雛人形に桃の花と沈丁花

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)では、新築の木造住宅はもちろん、オフィスや古民家、中古住宅のリフォーム、リノベーション、現況調査や耐震補強などのご相談もお受けしています。今、お住まいの住宅で、気になっている部分、ご不明な点や疑問点などあれば、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら) 担当:長崎まで
04-2964-1296 komagura@komagura.jp

関連ブログ:2022/12/17(土)refactory_antiques「暮らし相談デスク」のテーマは「家族と私」 2022/12/09
関連ブログ:【2022年11月の暮らしの相談デスクが終了しました】ご来店いただきありがとうござました 2022/11/15
関連ブログ:【11月の暮らしの相談デスク】は『暖(薪ストーブ)のつどい』 2022/11/03
関連ブログ:【10月の暮らしの相談デスク】『暮らしのシーンを彩る照明』終了しました。2022/10/24
関連ブログ:【第7回 暮らしの相談デスク】テーマは「照明のあれこれ」 2022/10/14
関連ブログ:【第6回 暮らしの相談デスク】終了しました。2022/09/05
関連ブログ:【第6回 暮らしの相談デスク】テーマは『ものを飾りたくなる壁の仕上げ』
関連ブログ:【第5回 暮らしの相談デスク】テーマは『住まいが広がる庭づくり』
関連ブログ:REFACTORY antiques 10周年記念イベント
関連ブログ:「暮らし相談デスク&暮らしのブーケ」2022/02/26(土) 11:00~18:00
関連ブログ:「暮らし相談デスク&暮らしのブーケ」2022/01/29(土) 11:00~18:00
関連ブログ:「暮らし相談デスク」at REFACTORY antiques 第2回の様子
関連ブログ:2021/12/11(土)「暮らし相談デスク at REFACTORY antiques」第2回目開催
関連ブログ:「暮らし相談デスク at REFACTORY antiques」をやって感じたこと 2021/11/03
関連ブログ:2021/10/30 sat「暮らし相談デスク」開催のお知らせ

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top




関連記事

3月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』は3/3(日)桃の節句

3月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』は3/3(日)桃の節句の画像

3月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』は3/3(日)桃の節句

REFACTORY antiquesの店舗で毎月開催の企画「have a LIFE day」。身近な暮らしや家族について考えたり、会話をしたり、地域の繋がりや、ものづくりに出逢う場所として、みなさんと共有できたらいいなぁと考えて開催しています。3月の「have a LIFE day」は、来週の3/3(日)10:00~17:00開催。

2月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』が終了しました。

2月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』が終了しました。の画像

2月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』が終了しました。

REFACTORY antiquesの店舗で毎月第1土曜日開催の企画「have a LIFE day」。身近な暮らしや家族について考えたり、会話をしたり、地域の繋がりや、ものづくりに出逢う場所として、みなさんと共有できたらと考えて開催しています。2月の【have a LIFE day】。暦は、ちょうど立春で、新しい年、早春を感じるような明るい日差しの中、たくさんのお客さんにおでかけいただき、ありがとうございました。

【子どもの頃に感じた家の記憶】帰省した友人の家で

【子どもの頃に感じた家の記憶】帰省した友人の家での画像

【子どもの頃に感じた家の記憶】帰省した友人の家で

玄関の薄暗くて張り詰めた空気や、廊下のよく磨かれた床板(松の柾目)の光の反射、中庭から見える雪やワンコが吐く白い息。奥の台所で料理をつくるお母さんの笑い声や、布団を取りに何度も登り降りした急な階段。この家の空間と、その時、感じた五感は、鮮明に残っていて、たくさんの思い出と直結しています。